関西を中心としたクラシックコンサート報告サイト「大音楽惑星」
Home Concert Report コンサートのススメ CD Review リンク集 kotarinette
 大音楽惑星 ホーム > コンサート報告 > 2009年 > ヒラリー・ハーン ヴァイオリン・リサイタル
クラシック・コンサート報告 コンサート報告
■年度別

■コンサートランキング
MANAITA.com
コンサート名・公演名

2009年1月12日 ヒラリー・ハーン ヴァイオリン・リサイタル
(兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール)

演奏曲目および評価

イザイ/無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第4番ホ短調
アイヴズ/ヴァイオリン・ソナタ第4番「キャンプの集いの子供の日」
ブラームス/ハンガリー舞曲集 第10番、第11番、第12番、第19番、第5番、第20番、第21番
アイヴズ/ヴァイオリン・ソナタ 第2番
イザイ/無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第6番ホ長調
イザイ/子供の夢
アイヴズ/ヴァイオリン・ソナタ第1番
バルトーク/ルーマニア民族舞曲(棒踊り、飾り帯の踊り、足踏みの踊り、ブチュムの踊り、ルーマニア風ポルカ、速い踊り)

演奏者(指揮者・ソリスト)

ヴァイオリン:ヒラリー・ハーン
ピアノ:ヴァレンティーナ・リシッツァ

感想・短評

さすが話題のヒラリー・ハーン。大ホールの公演といえども超満員にするとは。他の来日オケでも最近は満員にならないほどなので、話題のヴァイオリニストとなると状況は違うもんだ。

ほとんど初めて聴くような曲ばかりだったので、あまり気の利いた感想は書けないが、印象としては、外見に等しく、繊細で上品な音色を奏でる奏者だと思った。最近の若手奏者は力で押し切る人が多いので(それも好きだけど)。

ハンガリー舞曲は奇数番号と第20番が良かった。ハンガリーらしさや舞曲っぽさは乏しいが、美しいハンガリー舞曲もなかなか面白いもんだ。アイヴズのヴァイオリン・ソナタは3曲取り上げられたが、第2番が充実の演奏だった。これらの演奏を聴いて、アイヴズの評価も上がるんじゃないだろうか?私もアイヴズ好きだけれど管弦楽しか聴いたことがなかったので、今度は室内楽にも注目してみたい。

しかし、伴奏といってもリシッツァの存在感は強かった。非常に力強くて重厚なピアノ。ハーンとは不釣り合いにも感じるが、メリハリがあって意外にもマッチしていた。可憐な花を支える大地と言ったところか。アンコールは2曲。パガニーニはなかなか聴かせていただきました。

  パガニーニ/カンタービレ
  ブラームス/ハンガリー舞曲集第5番

2009年コンサートカレンダーにもどる

Copyright