関西を中心としたクラシックコンサート報告サイト「大音楽惑星」
Home Concert Report コンサートのススメ CD Review リンク集 kotarinette
 大音楽惑星 ホーム > コンサート報告 > 2009年 > 兵庫芸術文化センター管弦楽団 第23回定期演奏会
クラシック・コンサート報告 コンサート報告
■年度別

■コンサートランキング
MANAITA.com
コンサート名・公演名

2009年3月14日 兵庫芸術文化センター管弦楽団
第23回定期演奏会(兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール)

演奏曲目および評価

ブラームス/ヴァイオリン、チェロと管弦楽のための協奏曲 イ短調
チャイコフスキー/交響曲第6番 ロ短調「悲愴」


演奏者(指揮者・ソリスト)

ヴァイオリン:神尾真由子
チェロ:山上ジョアン薫
管弦楽:兵庫芸術文化センター管弦楽団
指揮:アレクサンドル・ドミトリエフ

感想・短評

昨日、明日とトゥーランドットの予定になっているので、今日のPACは何の曲をするのか全く手薄でした。メインの「悲愴」は覚えていたのだが、前半のプログラムに「ドッペルコンチェルト」が入っていたとは・・・ 最近聴いてない曲だったので聴き込んでおけばよかった。ま、よく知っている曲ではあるんですが。

手始めの「オベロン」序曲は特に感想はない。淡々とまとめましたって演奏でした。

「ドッペルコンチェルト」は話題の神尾さんのヴァイオリンと山上さんのチェロ。まず驚いたのは、オケの充実した響きだった。弦楽器の音色が実に美しい。西宮のホールは弦楽器の響きがよろしくないので驚いた。PACでブラームスらしい演奏が聴けるとは思いませんでした(失礼!)。肝心のソリストですが、あまり音色が好きではなかったかな? 山上さんのチェロは無骨で力強いのが印象的だった。神尾さんはちょっとキンキンしてやかましいイメージでした。熟練した奏者による至高の掛け合いとはかけ離れた感じなのは、若いからしょうがない? それでも第3楽章は聴き応え十分で、よくホールを響かせてました。

メインは「悲愴」。これは立派な演奏だったと思う。冒頭のファゴットはうまかった。しかし、未だにPACらしい音というのが感じられないのは不満か。うまく形は作られているが、感動に乏しいのだ。ロシアの指揮者はさすがにチャイコフスキーをよく知り尽くしていて、奇抜なことはしなかったが、ツボはしっかり押さえていたと思う。でも、そつなくこなすより、多少粗が出ても良いからエキサイティングな演奏を聴かせるのがチャイコフスキー演奏だと思うので(違う?)。整った演奏はCDで十分です。文句を言いながらも、第4楽章は悲愴感が出ていて素晴らしかった。身を切るようなメロディや意味のある静寂はやっぱり威力あります。ほんと、今日は弦楽器の状態がすこぶる良かった。それが今日の収穫でした。

2009年コンサートカレンダーにもどる

Copyright