関西を中心としたクラシックコンサート報告サイト「大音楽惑星」
Home Concert Report コンサートのススメ CD Review リンク集 kotarinette
 大音楽惑星 ホーム > コンサート報告 > 2012年 > 兵庫芸術文化センター管弦楽団 第48回定期演奏会
クラシック・コンサート報告 コンサート報告
■年度別

■コンサートランキング
MANAITA.com
コンサート名・公演名

2012年1月21日 兵庫芸術文化センター管弦楽団
第48回定期演奏会(兵庫県立芸術文化センター KOBELCO 大ホール)

演奏曲目および評価

ブラームス/ドイツ・レクイエム

演奏者(指揮者・ソリスト)

ソプラノ:並河寿美
バリトン:キュウ・ウォン・ハン
合唱:オープニング記念第9合唱団
管弦楽:兵庫芸術文化センター管弦楽団
指揮:佐渡裕

感想・短評

阪神淡路大震災から17年。1月のPAC定期は特別な意味を持つ。今回は東日本大震災で被災した東北の音楽教育団体に義援金を贈呈するセレモニーも行われた。二重に意義のある演奏会は素晴らしいものとなった。

ドイツ・レクイエムは通常の宗教的な鎮魂歌とは異なり、人間の死について考えさせる内容になっているらしい。佐渡さんの指揮も、バーンスタイン譲りともいえる実に人間味溢れる熱い演奏だった。この曲は高尚なのでとても眠くなり、最後まで聴くのは困難な曲の筆頭にも挙げられるが、今日は存分に楽しめた。合唱が主役の曲なので、オープニング記念合唱団のハイレベルな歌唱力には満足しました。

2つの震災をつなぐ、絆のレクイエム。いろんな意味で心にしみる演奏会でした。

2012年コンサートカレンダーにもどる

Copyright