関西を中心としたクラシックコンサート報告サイト「大音楽惑星」
Home Concert Report コンサートのススメ CD Review リンク集 kotarinette
 大音楽惑星 ホーム > コンサート報告 > 2009年 > テレマン室内オーケストラ 第190回定期演奏会
クラシック・コンサート報告 コンサート報告
■年度別

■コンサートランキング
MANAITA.com
コンサート名・公演名

2009年10月26日 テレマン室内オーケストラ
第190回定期演奏会(いずみホール)

演奏曲目および評価

ベートーヴェン/「コリオラン」序曲 op.62
ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第2番 変ロ長調 op.19
ベートーヴェン/ミサ曲 ハ長調 op.86



演奏者(指揮者・ソリスト)

ソプラノ:中村朋子
アルト:渡邊由美子
テノール:畑儀文
バス:篠部信宏
フォルテ・ピアノ:高田泰治
合唱:テレマン室内合唱団
管弦楽:テレマン室内オーケストラ
指揮:延原武春

感想・短評

テレマン協会によるベートーヴェンチクルスの1つ。合唱には定評があるので今日の演奏もかなり期待ができる。最初の「コリオラン」は控え目ながらも古楽特有のキビキビとした演奏が楽しめた。特にティンパニのハリのある音色がいいですねぇ。最後の方でファゴットが飛び出たのはご愛敬か。

ピアノ協奏曲第2番は元々退屈に感じている曲だったのもあるが、最高に眠かった。1週間近く風邪で寝込んでいて十分な睡眠を取っていたのですけど(笑)。ピアノが入ることもあり、この曲も控え目な演奏だった。フォルテピアノはいつもながらにボリュームがなくて聴き応えに欠けたが、音色は実に眠気を誘う優しさだ。オケもピアノに合わせた控え目度なので子守唄には最適(汗)。第1楽章最後の不協和音はご愛敬か、目覚ましか?

後半はミサ曲。ベートーベンのミサ曲といえば「ミサ・ソレムニス」だが、こういうマイナーな宗教曲をやってくれるところがニクイ。当然聴いたことなかったので、CDを買って4〜5回予習しておいた。今日の演奏は本当に素晴らしく良かった。30人程度の合唱団と中規模な古楽オケとのバランスが素晴らしい。加えて4人のソリストの実力も高い。これ以上何を望むか? 第2曲の「グローリア」冒頭の華々しさ炸裂には舌を巻いたが、圧巻は第3曲の「クレド」だ。全ての良い面が聴くことができた曲だと思う。ティンパニを始めとするオケ全体が白熱してキレにキレていた。合唱も負けじと一糸乱れぬ快演だった。後半もダレることなく楽しめた。ソリストが充実していたことも要因だろう。ソプラノが完璧なまでに巧かったのが光っていた。しかし「ミサ・ソレムニス」よりも聴き応えがあるんじゃないかと思ってしまったくらいハマリました。

帰り際、「ベートーベンはやっぱり第九以外は大したことないな」と言っている人がいた。この曲の良さが分からなかったとは、実に可哀想なことだ。病み上がりに最適な、祈りに満ちた優しい演奏が聴け、満足して小雨の中を帰った。

2009年コンサートカレンダーにもどる

Copyright